医療業界の中の医療事務という仕事

医療業界は景気の影響を受けにくく、現代の日本が高齢化社会であることもあり、人気の業界のようです。
医療業界の専門職は沢山あります。
医師に看護師、薬剤師に臨床検査技師、臨床工学士や歯科衛生士などがあげられます。
ただ、これらの医療系専門職はなるまでに膨大な勉強量をこなす必要があります。
特に医師と薬剤師は大学で6年間学ぶ必要があるため、多くの年月を必要としますし、医学部も薬学部も国公立の大学の学費は6年間で350万円程度ですが、私立大学ともなると6年間の学費は1000万円を超えます。
その一方で、病院で活躍する医療事務の仕事は短期間の勉強と大学に比べればずっと費用をかけずに資格を取得することができるため、女性に人気の職業です。
中には、医療事務の資格がないまま入職する人もいるようです。
ただ、看護師や薬剤師といった医療系の専門職に比べて、収入は低めです。
そのため、主婦が扶養内でパートとして就労するケースも多いようです。

中絶 大阪

あなたのためのチーム医療

お子様の脳性麻痺障害のご相談は埼玉の治療院へ

最新機器を導入した久地の歯科クリニック